看護師兼ライターゆみかおるの日記

フリーランスで働く看護師兼ライター。看護師の働き方や悩み、生き方を考え、本音で語るブログ。たまに雑記も。

スポンサーリンク

看護師の常識とは、看護学生と患者の関係、そして再会

 

こんにちは!看護師11年目のゆみかおるです!

 

今回は、患者さんとの関係について。

実は、4月からやっていた看護学生が主役のドラマ「いつまでも白い羽根」で、こんな描写がありました。

 

*** 

患者さんが最期、ある人物への手紙を学生に託します。

その手紙をある人物へ届けるために、主人公は自分たちの力で探すわけですが、その行動が家族にバレて学校へクレームに。

結局、実習停止の処分を受けることになりました。

***

  

Twitterでは、個人情報の扱いや指導者に相談しなかった点などで、「患者さんと個人的に関わるなんてあり得ない!」と批判的な内容が目につきました。

でも、私個人としてはその気持ちわからなくもない…

実際に私は患者さんとの関係性において、ちょっと足を突っ込んでしまったことがあるので、あまり強く言えないなというのが本心です。

 

詳しくはこちら↓  

www.yumikaorururu.com

  

ここで、ちょっと質問。

看護師で働く皆さん、看護学生の皆さんは、患者さんとの関係ってどこまでが常識だと思いますか?

 

教科書的な答えだと、看護師や看護学生は患者さんとのプライベートな関わりはしない…かもしれません。

私も、基本的にはそのスタンスです。

最悪の場合、ストーカーに発展したり、個人的な私情を持ち込んで気持ちが振り回されてしまいかねませんから。

 

でも、看護師だって人間なんだから、私情を100%持ち込まないとか、無理ですよね??

患者さんと地元が一緒だったとか、お孫さんの話をして盛り上がるとか、けっこうあると思います。

患者さんとの距離感をどうするかは、私もはっきりとこう!とは言えませんが、看護師だって、思い入れがある患者さんだっていますよ。

自分の担当患者さんとか、特に。

 

そこで、本題。 

タイトルにもあるように、私も看護学生のとき、私情を挟んでも「なんとか力になりたい」と思った患者さんがいました。

当時彼女は高校生。

看護師を目指していて、数日しか実習では会っていないけれど、その後何度かメールのやり取りをしていて、先日実際に再会するまでの関係です。

なんと会うのは10年ぶり。

 

元気に働いているのがとても嬉しく、今回はその彼女との話をここにまとめたいと思います。

※本人の許可済み

 

看護師のいう常識って、たまにくそったれと思うことけっこうあるんで、よく考えてみてほしいです。

 

 

実習中の出会い

f:id:yumikaorururu:20180531132447j:plain
実は私が数日関わった彼女は、入院していた当時…

あまり病状がいい段階ではありませんでした。

本人は当時のことをこう振り返っています。

 

***  

なんだか体調がおかしいなと病院にいったら、即入院。

こっそり先生たちが話している声が聞こえて、私このまま死んじゃうのかなって時期もありました。

そんなとき、他の患者さんには学生が付いているのに私には誰もついていなくて、「私にも学生さんつけてほしい」って看護師さんにお願いしたんです!

それまでは看護師の仕事ってあまり知らなくて。

入院中身近なところだったから、私もこんな風に働けるようになりたいって思ったのが看護師になるきっかけです。

***

 

当時の私は、ちょうど受け持ち患者さんが退院して機能別(フリー業務みたいな)をやっていたので、その話を受けて数日担当することになりました。

「歳が近いから話し相手になってあげてほしい!」と。

個人的には、看護過程のレポート書かなくて良かったので、心の中ではラッキーと思っていた部分もありました(笑)

 

しかし、私の楽観的な気持ちとは裏腹に、指導者からはかなりシビアな内容の申し送りを受けることに。

特に「ここまでは伝えていいけど、診断名の話やこれからのことは、まだ決定していないことが多いから話してはいけない」みたいな、やりとりをした記憶があります。

 

かといって、実際の彼女は健気に血圧の測り方に興味を示したり、この薬を使うとどうなるの?と質問してきたり、自分の状態を知りたい、看護師になりたいって気持ちがすごく強く感じられました。

私自身も妹ができたような気分だったし、少しでも入院中の気持ちを吐き出せる相手になれればと、一生懸命だったと思います。

 

そして、あっという間に最終日。

なんとなくこのまま実習が終わるのは寂しい…
今後彼女はどうなっちゃうんだろう…
また会って話ができるのだろうか…
看護師になれるのだろうか…

というさまざまな気持ちが入り混じりながらも、こっそりメールアドレスを書いたメモを渡しました。

実習が終わったからそばにはいられないけど、なにかあったら連絡してねという気持ちだったと思います。

 

実習規約には書いてありませんが、本来なら個人的な連絡先のやり取りは禁止ですね。

でも、ここではそんなことは関係ないと思っていました。

 

実習その後

f:id:yumikaorururu:20180211113303j:plain
私はその後も別の実習に追われるようになり、数ヶ月の間が空いてしまいました。

気づいた頃には結局メールはこなかったので、どうしているだろう?もしかしたら…と悪いことを考えたこともあります。

 

そして、数ヶ月後に思い切って病棟に。

そこには彼女の姿はなく、なんとすれ違いで退院していました!

 

治療の効果があって、元気に。  

そうか……それなら良かったと。

少し心のわだかまりが取れたような感覚でした。

 

 

それから、少し経って。

私が付属の病院で看護師になり、小児科で働いていた頃。

彼女がわざわざ学校と病院に訪ねてきてくれたことがありました。

 

病棟師長から呼び出しの話を受けた時は、一体なんだろう!?と告白を受けるときのような気持ち。

実際会ってみると、まさかのメールエラーで送れなかったらしく、連絡を取りたくて来てくれたと…。

(なにそれ私超恥ずかしいんですけど…笑)

そこで、看護師目指してるという話や近況を聞いて、連絡先を交換しました。

 

その後、悲劇的なことに私の携帯が水没して壊れてしまい、何年も連絡が取れなくなってしまいました。

というより、看護師になってからは毎日必死だったこともあるかもしれません。

 

看護師として再会

f:id:yumikaorururu:20180531133323j:plain

そして、つい先日。

LINE上で「知り合いかも?」に名前が出てきたのをきっかけに連絡を再開。

これは、巡って来たチャンス?なんだと直感で思いました。

 

しかも、

看護師になって5年目だというのです!

え!!!!まじ!!!!

歳取るの早すぎだし、本当に看護師になったのすごいし、元気に生きているのがすごいし、いろいろ重なって会いたい!!!!(語彙力)ってなりました。

 

私はそのとき素直に思ったのです。

彼女がどんな風に看護師になって、実際看護師になってみてどう思うんだろうか?と…。

もう完全に頭がライター(笑)

 

早速会うことに。

当日は、まず感動の再会でキャッキャッ……♡♡

積もる話をいくつかしたところで、彼女の話で印象的だったことがあります。

 

***

偶然が重なって、入院していた病棟に配属になって5年目。

私看護師になりたい!とは思っていたけど、特に患者さんのためとか、看護師でこうなりたい!という目標みたいなのがないんです。

同期は3年未満で辞めちゃって、私は元入院患者ってこともあり、知っているスタッフも多かったから、それほど風当たりも強くなく、ここまでこれました。

 

この前上の人と面談したときに、「特にやりたいことがない」と言ったら、「燃え尽きちゃったの??」と心配されたんですけど、別にそういうわけではない。

看護師を辞めたいと思ったことはないけど、看護師で働く理由はそれほどはっきりしていないです。

生活のために働いているって感じで、とりあえずリーダーとかができる5年目まではここにいようとは思っているけど、その後はわからない。

こんなんでいいのかな?って思い悩んでます。

***

 

この話を聞いて、本人は

「ガッカリしましたよね?こんな曖昧な感じで」

って言っていたんだけど、私は全然そんなことは思わず。

 

めっちゃ等身大の悩み、まさしく看護師5年目って感じ(笑)

 

むしろ、昔のキラキラした憧れの気持ちのままだったら、たぶんどこかで心折れちゃうんじゃないかなと思っていたので…

ある意味みんながぶち当たる壁にぶち当たっていて、いい感じに荒んでいて良かったと思いました(笑)

 

というのも、私がいた学校や付属の病院は大きなところだけどなかなか体育会系ノリの強いところで。

別の学校から入職した組として、彼女なりにアウェイ感やギャップはかなりあった様子…。

それでも、看護師辞めたいとは思わずに、なんだかんだでも今ここまで来れていることにまずはすごい!偉い!嬉しい!

うわ~~~めっちゃ一緒に働きたい! 

 

周りの同期があれこれやりたいこと見つけて、自分の意志で辞めて転職する姿を見て、焦る気持ちもあるようだけど…

5年間同じところで働き続けるって誰でもできることじゃないし、そうしたキャリアの積み方もあるわけで、これからもそっと見守っていきたいです。

 

※他にも看護師辞めたいってみんなどんなときに思うんだろね〜??って話をして盛り上がったので、それは別のとこでまとめたいと思います。

  

看護師の常識ってなんだろう?

f:id:yumikaorururu:20180226113737j:plain

彼女とはそんな感じで看護学生と受け持ち患者から看護師同士のちょっとした先輩後輩みたいな感じになったわけで。

当時の私は看護学生として感情移入しすぎたかもしれないし、学生の範疇を超えていると思われるかもしれません。

 

でも、話し相手になってあげることって、実際に現場の看護師にはできないからこそ、看護学生であった私が選ばれたわけです。

これって学生にしかできないことですよね。

 

看護師の常識、ルールだからってそれが全て正しいんですか?

普段現場では納得できないことだって、たくさんあると思っています。

「そんなの常識!」とか「あり得ない!」という批判や考えだけで思考停止して、判断してほしくなくて、もっともっと柔軟に考えてほしいのです。

 

だから、私は後悔はしていません。

むしろ、10年越しに会えて良かったと思ってるし、もしかしたら本当にどこかで一緒に働くかもしれないし(笑)

 

反省するとしたら、そうですね…

メールアドレスちゃんと間違いなく書いとけよって過去の自分に言いたいくらいですか(笑)

 

看護師になってからは、あまりこのような濃い関わりを患者さんとする機会がなくなり、ちょっと寂しい気持ちではありますが…

もしかしたら、病院と在宅ではまたこの辺りの関わり方に違いがあるかもしれませんね。

 

看護師としてだけではなく、自分自身も人間らしさを忘れずに仕事に励んでいきたいところです…!

 

看護学生に関する記事はこちら↓ 

www.yumikaorururu.com

 

www.yumikaorururu.com