看護師兼ライターゆみかおるの日記

フリーランスで働く看護師。あっ!と思ったこと、ほぼ直感でつらつら書くブログ。

👍人気記事セレクション

看護師兼ライターの私がノマドで湯ごもりしてみた!

こんにちは~!

看護師兼ライターのゆみかおるです!

 

タイトルにババンと出ている通り、私…やってきました。

ノマドワークで湯ごもり~!!!

なんで、急にノマドとか意識高い系なこと言ってんのかというと、いろいろありまして…

まぁ、まずは読んでな(笑)

 

 

ことのきっかけは、卒論執筆パック

f:id:yumikaorururu:20180125222635j:plain
Twitter上で、大学最後の卒論追い込みに温泉旅館にこもって執筆作業するという「卒論執筆パック」なる情報が流れてきた。

 

え!!卒論なんて書かないけど、ライターとして記事書くのにこもりたい…!!

同じように考える人が多かったらしく、その後「大人の原稿執筆パック」なるものが登場。

 

 

キターーーーーーーーーーー!!!!

でも、残念なことに2月とだいぶ先の話。

私はね、もう今行きたいのだ。

気持ち的には明日にでも旅立ちたい。(ただのわがまま)

 

あ!来週、旦那出張でいないから、もう来週行こう!

 

…と思い立ってからすぐに宿探し…!

(行動力だけは一人前!笑)


湯ごもりを楽しむために考えた条件とは?

f:id:yumikaorururu:20180125222643j:plain

せっかくノマドで湯ごもりするのだから、どうしたらいいかな~と適当に考えてみた。

  • 絶対条件は温泉:仕事してすぐ疲れを取るため、湯ごもりだから最低3回は温泉入りたい。
  • 和室:文豪っぽい、テンションがあがるから。(単純すぎる)
  • チェックアウト遅め:なるべく朝活や執筆の時間が取れるように。
  • 交通が便利:乗り換えが多い、長時間の移動で疲れたら執筆活動できないから。
  • 宿代は1万円以下:あんまりリッチすぎると、仕事するのがバカらしくなりそうなので。
  • 最低限のネット環境:パソコンで仕事するのでね。

 

これらで検索をかけたら、もう4日後とかなので、宿あんまり空いていない(笑)

それでも、全部条件クリアしたなかで気に入ったのがここ!

www.jalan.net 

予約ポチ。

 

これで湯ごもりすること決定~!!

 

ちょうどね、兼業ライターとしてスタートして1年経ち、ちょっとマンネリ気味だったの…

いつも行くカフェはだいたい決まっていたし、家ではあんまり捗らないし。


元々、旅行が好きで半年に1回はどこか行ってる私にとって、どっちも解決できるなんて最高じゃん!
ってことで、急遽湯ごもりスタート…!! 

 

実際の湯ごもりスケジュール

持ち物。

f:id:yumikaorururu:20180125214254j:plain

ただこういう写真が撮りたかっただけ(笑)

着替え撮るの忘れた。

 

9時すぎに専用シャトルバスで上野出発。

さっそく途中のパーキング(佐野SAかな?)でお昼とお菓子調達。

f:id:yumikaorururu:20180125095509j:plain

でっかいハムカツサンド。

f:id:yumikaorururu:20180125095542j:plain

レモン牛乳と迷ったけど、ドーナツにしてみた。

 

そして、事件は起こった。

(私、今年本厄なんですわ…笑)

ツイてなさすぎる…まぁこれも今となっちゃいいネタさ。

 

それにしても、栃木の山の中に入ったらすごい吹雪。

鬼怒川温泉くらいまではそうでもなかったのに、急な山道入ってから何もない道をずんずん進む進む。

f:id:yumikaorururu:20180125214643j:plain

f:id:yumikaorururu:20180125111925j:plain

まるで、名探偵コ〇ンや金田〇少年の事件簿の「○○別荘殺人事件」に出てくる別荘に向かう途中みたいな。

絶対、後で停電とか電話不通になって、翌朝の迎えまでこのメンバーで…って感じだよ。

 

14時頃、無事に宿到着。

f:id:yumikaorururu:20180125100413j:plain

宿はめっちゃ綺麗だった。

f:id:yumikaorururu:20180125100424j:plain

f:id:yumikaorururu:20180125121658j:plain
ほんと、コ〇ンとか金田〇とか言ってすみません(笑)

写真も快く許可頂きました!

 

部屋もちょっと奮発して一般客室よりワンランク上にしたら、和室20畳くらいある。

f:id:yumikaorururu:20180125102508j:plain

一人なのに絶対こんなにいらないよ…!!

しかも、もうオフトゥン敷いてある…(寝たい笑)

 

f:id:yumikaorururu:20180125095621j:plain

f:id:yumikaorururu:20180125100749j:plain

窓からの景色、雪山間近に見えるとか最高!!

部屋はちゃんと暖房あるからぬくぬく。

 

さて、お茶でもすすりますか…いつも気になるお茶菓子。

f:id:yumikaorururu:20180125101424j:plain

逢わせ焼ってのはけっこう人気があるみたい、売店でランキング上位にあった!

 

さて、落ち着いたところでいざ、仕事スタート……の、前に!!

まず、温泉入らなきゃ…(笑)

一般の大浴場と大露天風呂、貸し切り露天風呂があるらしく、今回は全部制覇することを心に誓う。

 

そして、大露天風呂へ。 

全面雪景色のなか、ガクブルしながら熱めの温泉に入るのは…なかなかのツンデレ具合でおすすめ。

雪が舞うなかの露天風呂…(妄想してください)

 

軽く温泉に浸かったところで、いざ本命のお仕事!

f:id:yumikaorururu:20180125101500j:plain

浴衣に着替えて、それっぽい雰囲気で作業。

夕食の18時まで、2時間ほどで一つ作業終了。

 

お待ちかね…な夕食はバイキング形式!

f:id:yumikaorururu:20180125101756j:plain

なかなかセンスがないとりわけ方ですが、そこは大目にみて(笑)

鮎の塩焼きが串刺しになっていたり、かにやいちごなどの食べ放題があったり…!

 

何種類くらいあったのかな、けっこう選ぶの大変だったから、家族連れや友達同士とかでも楽しそう。

逆に一人で食べているとめっちゃ浮く、寂しい…(笑)

 

夕食後に少し館内を散策。

f:id:yumikaorururu:20180125101826j:plain

f:id:yumikaorururu:20180125100456j:plain

館内も落ち着いた雰囲気で、これほんとに1万円以下で泊まれるの!?って疑いそうなレベル。

カラオケルームとか卓球とかもできるらしいけど、一人だからな…と悲しくなり帰室。

さて、残りのお仕事するよ…!

 

21時頃。

2時間ほど作業し終えたところで、第2回のお風呂タイム!

今回は大浴場へ。

 

しっかり浸かって、大して疲れていない疲れを取る。

そして、風呂上がりの一杯。(…とつまみ)

f:id:yumikaorururu:20180125121651j:plain

また、2時間ほどカタカタ作業。

 

23時頃。

とりあえず、本日のノルマ(記事二つと細かな作業チェックなど)が終了。

なかなかいい感じに進んだ。

 

最後、寝る前に貸し切り露天風呂。

f:id:yumikaorururu:20180125101858j:plain

f:id:yumikaorururu:20180125101932j:plain

f:id:yumikaorururu:20180125102008j:plain

またしても脱衣所でガクブルしながら熱い湯にin。

これぞ、熱燗とか飲みたい感じ。(飲めないくせに)

 

***

翌日、7時起床。

まず、風呂に入る。

昨日入って気にいった大露天風呂へ。

ほぼ貸し切り、これで目が覚める。

 

そして、朝ごはんどーん!!

f:id:yumikaorururu:20180125102039j:plain

「朝はやっぱりパンだよな~」と思っていたら、納豆食べたくなって…

「やっぱり日本人はごはんだよ」ってなった優柔不断な朝食。

 

朝食後に2時間ほど作業。

やっぱり午前中はいい。

午前中どのくらい作業できたかで、一日が決まる気がする。

 

あっという間のお昼。

12時にチェックアウト。

帰る日でも予約すれば昼食が食べられるらしく、もちろん前日に予約。

夜ごはんで食べたカレーがおいしかったからまた食べたんだけど、写真撮るの忘れた…。

とりあえず事後のを。

f:id:yumikaorururu:20180125203227j:plain

ごちそうさま。

 

帰りのバスは14時頃出発予定だったので、それまで休憩処で残り作業。

なんとか記事一つ納品完了。

 

14時にバスに乗り~帰路につく。

18時過ぎに自宅到着。

もちろん帰りのバスは爆睡…!

 

金額詳細

f:id:yumikaorururu:20180125223149j:plain

一番驚きだったのが、上野から無料シャトルバスが出てるということで、なんと交通費ほぼかかっていない。

通常、電車で行ったら往復で6000円程度なので、お得すぎる…!

宿代は9504円、お昼は600円。

 

今回湯ごもりしてわかったこと

f:id:yumikaorururu:20180125222630j:plain

<メリット>

  • 宿にいる間は集中力が沸き、作業が進む
  • 疲れてもすぐ温泉に入れる、すぐ眠れるのが天国
  • 作業に飽きても、館内で場所をかえて気分転換できる
  • 余裕が生まれれば、観光も一緒にできる

<デメリット>

  • 移動時間がもったいない(今回は往復6時間、バスだと酔うから作業できず)
  • Wi-Fi環境がそこまでよくなかった
  • 自宅に帰ってきてから現実に戻れない感じが続く

 

ノマドで湯ごもりを楽しむコツは?

f:id:yumikaorururu:20180125222757j:plain

私が今回思い付きで考えた条件でも、それなりに楽しくノマドワークができた。

デメリットを元にさらに考えてみる。

 

まずは、移動時間は2時間程度にしたほうがいい。

当初、移動時間は3時間と書かれていたが、トイレ休憩2回(15~20分ずつ)があるので、少し長めにみておくように。

2時間以上だと移動だけで疲れる可能性大。

 

問題はネット環境。

温泉があるところは山奥が多いこともあり、ポケットWi-Fiは使用できず。

ホテルのWi-Fiを使用したが、データ送受信に時間がかかることも…

もしものことを考えて、仕事内容はネットが使えなくてもできる作業を準備しておくのもいいかもしれない。

 

最後に「あ~明日仕事か~頑張れない」と思ってしまう気持ちはどうしたらいいのか。

私はあえて、余韻に浸ることにした。

お土産を買って、明日以降「楽しかったな~」って思いながら噛みしめる(食べる)のである。

f:id:yumikaorururu:20180125213217j:plain

こうして現実と向き合うことで、頑張っていこうと思える…

たぶん!!

 

結論:たまにノマドでおこもりするのはあり!

初めてノマドで湯ごもりをしてみたけど、数か月に一回くらいはやってもいいなと率直に思った。
旦那が出張でいないときに、またこっそり計画しよ~(笑)


私は今回記事の執筆のためだったけど、看護師のケースレポートや研究資料作成のための湯ごもりもいいねぇ。

なかなか自宅や病院ではやる気にならないので。

 

まぁ…でも、みんな薄々気づいていると思うけど、

本当なら普通に旅行行きたい!!

ってことは確かだね(笑)

 

↓私はいつもじゃらんで予約しちゃう~!

 

それじゃ~!